FC2ブログ
2012 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大図書館の羊飼い 体験版感想

 【08//2012】

『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。

ブランド:オーガスト
ジャンル:学園恋愛ADV
発売予定日:2013年1月25日発売予定

前作穢翼のユースティアより、二年だかそのくらいの歳月を経て登場したオーガストの待望の新作ぁ!!
ってことなんですが、前作の暗い雰囲気からは一変。また元の路線に戻りました。オーガストは帰ってきたのだ・・・。
ユースティアは言わずもがな最高だったのですが、アニメ化までしたふぉーちゅんなんとかいまいち肌に合わず、途中でやめてしまったのでした。あれは、なんだったのか。わりとエロかったので満足はしてた気もするんですが、いかんせん単調すぎた。
そのまた前のキャベツはかなり好きだった。なので、元の路線に戻ったっぽい今作はいったいどうなるんで?と期待を胸に抱きつつソフマップでひっペがしてきた体験版をインストールしたわけです。

結論から言えば、さすがとしか言いようがないという結果に。とにかく隙がない作りなんじゃないかと思いますね。
俺はわりとADVでは背景の描写にこだわるタチなんですが、この作品に於いてはまあ文句無いです。っていうか俺がこだわるというのはビジュアル的な意味での綺麗とか、そういう点ではなく、なんといいますかそこに世界がしっかりと描かれてるな、広がりがあるなとか感じるのが好きなのです。空気感とでも言えばいいのか。
建物や生活してる人たちのリアルな空気(写実的かどうかではない)があるのと無いのとではえらく違うと思うのです。
んで、この羊飼いの背景なんですが、とても大学っていうか研究施設とかそんな形状してます。生徒数がかなり多いマンモス校で路面電車とか走っちゃってるくらいのもんなので、人工も多いためか、都会的デザインが多い。
それだけならはっきり言ってありがちなんですが、なんというか説得力があるなと。細かい話なんですが、背景に施設案内図とかチラっと写ってたりするわけです。あとこっちに行くと何棟があるとか。そういう細かいモノの積み重ねがすごい。いや、案内図とかそれ自体は大したこと無いんですよ。ただ、この施設を利用して生活している人達がいるという空気感の出し方が違うと思うわけで。あとは寮のある辺りのオブジェクト的なものとか。宅地開発されたばかりの地域とかあんなんよく置いてあるよなあとか思ったり。とにかくどんな設定だろうとちゃんと世界観を感じるのがすばらしい。

あとはヒロインの服装。これはエロゲによくありがちなんですが、どういう感覚でこのヒロインはこの服装を選んだのか?というありえなくはないが、これは無いんじゃね?っていう様な服装はもちろん無い。アニメ的誇張表現だといってしまえばそれまでなんですが、なんかこう腑に落ちないんですね。
しかし羊飼いに関して言えばヒロインごとにきちんとあった私服を着てると感じました。こういうのって実はかなり重要だと思うんですが、意外と重要視されてないような気がするんですけど、みんなどうでもいいんですかね。単に制作に余裕が無いだけか。ものべのでもああこだわってんなってのをひしひしと感じたんですが、これもそれに近いもんですね。
服装というのはその人のイメージを決定付けるとても重要なファクターなんですが、ここまで説得力のあるデザインセンスってのはなかなかいいもんです。そんなに良いデザインか?っと思う意見も否定はしないですが、そのヒロインの選んだ服装のセンスとしてあり得るかありえないかという意味では、かなりあり得るデザインだと思いますね。

ってさっきからメインとはズレた話ばっかなんですが、シナリオとかその辺はどうやねんという話ですが、なんというかまあ普通っちゃ普通です。いつもの八月。でも期待感を煽る作りにはなっていると思います。
それにシナリオ的に読み手を引っ掛けるような描写が多くてなかなかおもしろい。例えて言うならベタな展開を用意しておいてあえて逆方向に答えを出すような。それから単調さを感じないよう、ほんの少しの謎を残して進んでいくという印象でしたね。まあ、今後の展開しだいではあるとは思いますが。
ネタとしてはありがちですが悪くない感じ。部活動を通して仲間が増えてくアレ。よくあるでしょう。なんか最近近い作品をやった気がする。最近じゃないな、いつもか。
学園を楽しくするために頑張ります!みたいな。何度聞いたかわかんないフレーズ。聞くだけで萎えそうな話ですが、でもおもしろい。何故だ?なにかが違うんでしょうが俺の理解の範疇を超えているので説明できません。
単純にシナリオが上手いだけなのか・・・。やはり腕の違いなんでしょうかね。
背景のみならずキャラクター描写にも説得力があるのが理由かも。

システム的な話。八月作品と戯画作品はテキストスピードがデフォルトで調度良すぎて鼻血が出るレベル。コンフィグでいじれるから別に遅くてもイイんですが、初期状態でベストってのは個人的に気分がいい。
あとはゲームパッドとか使用出来るみたいですが、まあ使わないでしょう。CSを意識しての作りなのでしょうか?
どうせ移植されるよね。そして嬉野さんはそれまでおあずけなのだろう?そうなのだろう?
売れれば再度PC版18禁移植もあり得る話ですが、数年後だしその頃にはもう存在を忘れてる。
だってエロゲーマーだもの

というわけで、予約も済ませたので、発売日まで期待して待っておきます。以上。




Category: エロゲ体験版感想

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。