FC2ブログ
2009 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2009 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ビブリア古書堂の事件手帖 感想

 【18//2012】


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


すっかりエロゲ色が薄くなってしまいましたが。エロゲーマーです。間違いなく。

巷で話題?だったらしいのでビブリア古書堂の事件手帖を読んでみました。ミステリーにハマってるというわけではないですが、たまたま表紙が気になったので購入。かなり売れてるらしいというのも購入の動機であります。
扱い的には一般書籍に当たるんだか、ラノベなんだかはっきりしないんですが、構成から考えればラノベかなあという気がします。その理由とは、栞子さんがかわいいから。
美女が出れば皆ラノベなのか?といえばそうでは無いですが、なんか漫画的というか、デフォルメの効いたキャラであるのは間違いないと思うんです。例えて言うなら、アニメR.O.Dの読子・リードマンみたいなイメージ。本好きで本に囲まれてるとか、普段はちょっと気弱な性格なところとか、いかにも文学少女っぽいです。
本の話をすると人が変わってしまう古書店の店主(巨乳)。のあたりとか。・・・実にイイ。実在している本をネタにしていますが、一般書籍をほとんど読んだことがないのでよくわかりません。太宰治とか夏目漱石とかそこら辺のものですね。まあ、でもそこはどうでもいいんです。
主人公は大卒の無職ですが、いろいろあって古本屋でバイトを始めます。そこにやってくる客人を相手にしつつ、その本にまつわるエピソードなんかが繰り広げられてゆくわけですが、なかなか面白い。特に複雑怪奇なネタとかがあるわけではなく、前述の夏目やらを知らなくても本編である程度解説されるので、問題は有りません。それよりも大事なのは推理する栞子さんかっけえということ。
ほんの少しの情報から、そこに隠された真実を暴きだす。単純に人が死んで真実を暴きだすミステリーはあまり好きではないのですが、これはそういうのでは無く、日常的にありふれた謎を解き明かすという趣旨のものですね。
んで、最後の最後で太宰治の「晩年」を題材に、それを奪おうとする相手と対峙するのですが・・・正直オチは完全に予想出来た。あーまあよくあるパタンですねといった展開でしたが、まあいいかって思いつつ読了。続き物なので次がありますが、そっちも一応買ったので多分読むと思います。
そんな事より栞子さんの巨乳店長奮闘記が見れるのは二巻ですか?あ、怪我して入院してんだっけ?じゃあ仕方ないか・・・。

なんかもうこのカテゴリーはこの本のおにゃのこがかわいい!みたいなテーマになりつつあるので、そういう方向性にすることにしました。普通に感想書いてもつまらんですし、ストーリー自体に惹かれるってのもあまり無い気がするのでw
関連記事

Category: ラノベ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。