FC2ブログ
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:ラノベ の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

デート・ア・ライブ 感想

 【06//2012】


デート・ア・ライブ  十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ 十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)
(2011/03/19)
橘 公司

商品詳細を見る


最近やたら本を読むので、ラノベも感想を書くことにしました。

このラノベを買ったのは、超次元ゲイムネプテューヌでもキャラデザをしている、つなこ氏の挿絵目当て。キャラがめちゃかわいいので、絵だけでも価値があるぜウェーハッハッハってな感じでした。

んで、本の感想ですが、よくあるボーイミーツガールなライトノベルとしか言えない。あえて特徴をあげるとすれば、ギャルゲーをイメージしたパロディ要素があるっていうところくらいだろか。

とりあえず、ざっと内容を説明すると、舞台は現代。でも精霊という存在のいる、現実とはちょっと違う世界。
ある日、主人公(五河士道)が出会ったのは、精霊(美少女)と呼ばれる人類に災厄をもたらす存在(美少女)だった。精霊に命を狙われ、そして命からがら逃げ出した士道は、とある組織に拾われる。案内を受けるとそこには組織のリーダーである妹(美少女)がいるのだった。
ドSな妹に罵られながらも、被害を食い止めるために協力しろと言われる士道。
そしてその方法は殺すかデェトしてデレさせるしか無い!でも殺すには大変な労力がいるし、ほぼ無理なので、何とかデレさせましょう。というお話です。
精霊をデレさせるためにギャルゲーのようなシミュレーターを使って訓練をするのだが、実際のギャルゲーのようになっていて、選択肢を選ぶという展開がなかなかにバカっぽくて面白い。ギャルゲーにありがち・・・?なのかどうかは疑問だが、それっぽいものもあったりして、笑いどころとしてはここがポイントだと思う。

キャラ構成はわりと無難な印象。妹の二重人格っぷりがなぜか激しく、ドSすぎてロリコンのお兄ちゃんには萎え萎えである。や、むしろご褒美か?やだなあそういうの・・・Hentaiみたいじゃないか。
でもその様なHentaiさんにも鳶一折紙(おりがみ)ちゃんという美少女クラスメイトがいるので安心だ。彼女はとてもHentaiさんであっても寛大な心で許してくれると思う。だっていきなりクラスメイトである士道から付き合ってくれとか言われて普通に付き合っちゃう、無口クール系美少女だからだ。俺のために服を脱いでくれとか言ったら普通に脱ぎそう。でもちょっと世間知らずっぽいところが精霊とかぶるな・・・。
今巻のメインヒロインである精霊は、どっちかというと武士系ヒロイン。世間知らずなとこがお嬢様っぽい印象を受ける。まあ、精霊なんだから世間のこと知らないのは当たり前なんですがね・・・。

そして精霊(美少女)との衝撃の出会いから数日・・・くらいだろか。次第にデレていく精霊(美少女)は士道に対する警戒心を解いていくのだが、とあることをキッカケに再び心を閉ざしてしまう。
そこをバシッと士道君が解決するわけですね。そのへんいろいろツッコミどころがあるのですが、あんまり言うとひどいネタバレだこれ、ってなるかと思うのでやめときます。まあそのあたりの設定も、次巻以降わかるのかもしれないので、次巻次第か。シリーズ化前提で一巻目が出たようだし、ヒロインの数も全然足りないし、本番はこれからなんだろうきっと。
あと次第に打ち解けるヒロインと士道の心の交流なんかも超ベタだけどなかなかいい感じ。こういうのテレビで見たな・・・よくあるアフリカの部族かなんかと心を通わせるっていうあの展開。あれに似てる。

実を言うとあんまし期待してなかったけど、悪くない出来だと思います。絵も可愛いし、バトルシーンの絵も結構迫力があった。でも必殺技の名称はなんか恥ずいと思ってしまった。
萌え萌えしい絵師の人は迫力のある絵がなかなか描けなかったりもするが、つなこ氏はいけるタイプですね。まあ、挿絵で評価するのもアレだけど、結構重要ですよ絵柄って。

ということで以上。

Category: ラノベ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

あなざー

 【02//2012】

IMG_0293.jpg

このカテゴリでブログ書くのも久しぶり。

なんか表紙がエロエロでこんなんでいいんだろうかとか思わなくも無いですが、普通の表紙で買ってもつまらんですし、せっかくなのでこっちで。

店に置いてあったときは、帯で下乳とか隠れてるので青少年にも優しい仕様となっております。
以前新宿紀伊国屋にはラノベが置いてないとか言ってたのですが、売り場が別館なだけで普通に置いてありますね。まあ隣がアニメイトなので、使い分けする必要もないと思いますし、たぶん一般書籍買う時以外は行かないと思いますw


それはさておき、読むのが楽しみ。先入観を持たないようにアニメの方は一切見てないのですが、面白かったらアニメの方も見るかも。ホラーものらしいのであんまし触れたことのないジャンルの本ですね。

まあ、あれだ。これを機会にミステリーとかホラーに目覚めるかもしれない。そうなったらまた財布が軽くなりますわ。

でもラノベじゃないよねこれ。

Category: ラノベ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

なれる!SE

 【26//2010】

なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)
(2010/06/10)
夏海 公司

商品詳細を見る
なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)
(2010/10)
夏海 公司

商品詳細を見る


2冊一気に読んでしまいました。ほんと面白かった。
著者が実体験に基づいて書かれてるフィクションなので仕事上のトラブルなどリアリティがありつつも、ラノベ的ファンタジー要素もあり。なんとなく社会人主人公ってだけで高ポイントに感じてしまっているような気がしなくもないですが。。。
上司や同僚が美少女キャラでやたら仕事が出来る人&主人公も仕事面で実は隠れハイスペックというある種の中二病(?)的な側面も良かったと思います。気になるのは室見と梢の対立を交えた工兵との三角関係が今後も続いたり発展したりするのか?ってところ。定番パターンですし、あまりそっち方面は色濃く出さずにストイックな展開してくれたらいいなあ。という願望あり。恋愛要素出しちゃうとSEなどただの舞台装置になってしまうような気がしたので。ネタ切れしたらそうなってしまったりするんだろか。
なんにしても続きがもっと読みたいですね。



Category: ラノベ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

10歳の保健体育読んだ

 【26//2010】

10歳の保健体育 (一迅社文庫 た 1-2)10歳の保健体育 (一迅社文庫 た 1-2)
(2010/06/19)
竹井 10日

商品詳細を見る


久々にラノベをガッツリ読みました。ちょっと軽く感想などを。

このタイトルでロリものを連想しがちですが、内容的にはさほどロリメインではないです。あとがきにも書いてありましたが、タイトルは30歳の保健体育のパロディだそうで。ちょっと誤解を招きやすいタイトルですね。
著者の作品に触れるのは初だったのですが、なんというかものすごく“キレ”がある感じ。全体的にはただのコメディ一色なのですが会話の節々のネジがちょっと飛んでるというか。メタフィクションなボケやパロディ満載ですが、あまりハイテンション過ぎないところがとても好み。
主人公がボケまくるし、傍若無人ぶりを発揮しまくるあたりはなんというか昔懐かしいエロゲのようでした。
以前にも書きましたが、こういう主人公エロゲだと叩かれやすいせいか最近のはあまり見ないんですよね・・・ヒロインをいじめてるように感じるせいかもしれませんがジョークなわけですし、コメディならアホ主人公でいいと思うのです。まあ、ライターのセンスによりけりですけれども。

あと、幼なじみと夫婦かってくらい仲いいっていう設定はありがちですが、この作品の元恋人同士ってのはありそうで無かった気がします。といっても現在も仲良しなままなんですけどね。別れた理由については描かれないのでわかりませんでしたが、ちょいエロなシチュエーション(着替えてるところ見ちゃう的なアレ)というこの手の作品にはありがちな話が元彼女という設定によってうまく料理されてたかなあと。主に下ネタ方向でw

結論を言うと面白かったです。ベタすぎる感じがあまりしなかったのも好感触な理由。ちょっと古臭いかもしれませんけどねw

Category: ラノベ

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

緋弾のアリア感想っぽいもの

 【27//2010】

緋弾のアリア 1 (MFコミックス アライブシリーズ)緋弾のアリア 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/04/21)
こよかよしの(原作/赤松中学)

商品詳細を見る


全く予備知識も無く漫画買ったりすると、表紙からはあまり想像出来ない展開だったりすることもあって楽しかったりするのですが、この作品については意外性とかそういうんじゃないと思います。
いや、別にそれを期待してたわけじゃなくてですね、ラノベ1冊読むより、コミック読んだ方が世界観の把握とか楽かなあって思ったわけでして。

とりあえず、読んでみた感想としては、エロゲっぽい。
一般的な最近のラノベ作品全般に言えることかもしれないので、ある意味当たり前なのかな。
エロゲがラノベっぽいのか、ラノベがエロゲっぽいのか。卵が先か鶏が先かみたいな感じですか?いや、ちょっと違うような気もする。

主人公が性的に興奮するとパワーアップする!みたいな設定は面白いと思いますね。これならエロイベントも出てきやすいし。エロ=パワーアップで大勝利っていうことですかね?まだ、1巻だけだと大まかな設定の紹介っぽい流れなのでこの後の展開がどうなってるのかなんともわかりません。
やはり小説本編読んだ方がいいのかなー。なんとなくこの作品はエロゲーマーのファンが多いような雰囲気だし、萌え&燃え作品なのかなとか思ったり。
それとも単にこぶいちさんキャラデザだから読んでる人多いのかな。

この漫画の絵はこぶいちさんとくらべてどうか・・・とか崇高(?)なテーマは自分には出来ないと思うので、絵については自分的には特に不満点とかはないですね。線がアクション向きというか派手派手しい雰囲気かなあとは思いましたが。ラノベのコミカライズって線が派手なの多い気がするなあ。

そして最近ラノベあんまり読んでないことに気づく。もうそっちまで手がまわらん。。。エロゲでいっぱいいっぱいなんだじぇ

Category: ラノベ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。